キャッシングの借り換えについて

キャッシングの返済が大変になってきたということであれば、借り換えについても検討してみると良いでしょう。 借り換えというと、住宅ローンなどでよく聞きますよね。

これは、現在借り入れをしている金融機関よりも金利の低いところを探して、そちらに移ることにより金利の負担を減らそうという方法です。 一般的に、消費者金融のキャッシングは銀行のカードローンに比べると高い金利が設定されています。

そのため、消費者金融の借り入れを銀行のカードローンに借り換えすることができれば金利の負担はかなり小さくなるでしょう。

似たようなシステムとしておまとめローンというものもあります。 これは、複数社の債務を一つにまとめる方法なのですが、すべての銀行でおまとめローンを取り扱っているというわけではありません。

例えば、消費者金融A社の借り入れを銀行で借り換えすることができたとしても、消費者金融A社とB社の2社をまとめるのはNGとしているところもあるのです。

借り換えというのは、あくまでA社をC社で借り換えるというように、一社のみのやりとりだと思っておいた方が良いでしょう。

借り換えをする際のポイントは、何といっても金利が低いところを選択するということです。 現在上限金利である18%の金利で借りていたとして、同じく18%の金利が設定される業者で借り換えたとしても何の意味もないのです。

消費者金融よりも金利が安く設定されている銀行で借り換えするのが一般的となります。

銀行で借り換えを高額の借り入れをしたとしても所得証明書を提出せずに借り換えをすることが可能です。 消費者金融の場合は1社で50万円以上の借り入れをしたり、すべての借り入れの合計が100万円を超える場合には所得証明書を提出しなければなりませんが、こういった決まりは貸金業法によって定められています。

しかし、銀行はこの決まりの対象外となるため、いくらから所得証明書の提出が必要になるかというのは銀行によって違うのです。

積極的に借り換えのための融資を行っているところもあるのでチェックしてみてくださいね。

ページの先頭へ